タイ旅行🇹🇭 EP00 プーケット島に無料で行く方法 妄想編

本当は「看板に偽りあり」なんだけど、手数料とか燃油サーチャージとか諸々は入れずにって事で良いですか?  è‰¯ã„よね?

って事で! (手数料とか燃油サーチャージとか諸々は入れずに)無料でバンコクからプーケット島に行く方法を記します。え? バンコクから?

バンコクからプーケット島へは「バンコクエアウェイズの旅ブロガーに選ばれて、無料でプーケット島行きのチケットを手に入れる!」って方法はどうですか?

という事で、バンコクエアウェイズ様に詳細を問い合わせました。

「バンコクエアウェイズ旅行ブロガー」2017 募集要項

バンコクエアウェイズのフライトでお好きな就航地へ。

18歳以上の旅行に興味のある方で、すでに各種サイトで一定の読者数を持つブログを日本語で書いている方。国籍性別 は問いません。

ご出発からご帰宅まで、及び滞在中の出来事、写真などをご自分のブログで、旅行期間中1日1回を目安にご紹介いただきます。

往復の航空券はバンコクエアウェイズが負担いたしますが、発券時に発生する発券手数料、燃油サーチャージ、各種 税金、及び本旅行中に発生する費用は応募者のご負担となります。

*旅行の出発点はバンコク(スワンナプーム空港)が原則となります。タイ以外の国、股バンコク以外の地域からのご応募も可能ですが、スワンナプーム空港までの交 通費は自己負担となります。但しシンガポール/クアラルンプール/香港在住のブロガーの方はそれぞれの空港を出発してサムイへの旅程にご応募頂くことが可能です。が、サムイを経 由してバンコクが目的の旅程はお選びいただけません。

ご旅行中のブログや画像の著作権は応募者に帰属いたしますが、ブログや画像がバンコクエアウェイズ日本語広報の ツイッターアカウントにて紹介されます。

また、バンコクエアウェイズホームページにリンクが記載されることもございますので、予めご了承ください。

応募条件

①  1年以上続いているブログを持っていること、もしくはこれからも継続が続いていくであろうとみられるブログを持っ ていること。(ブログのテーマは旅、ファッション、ライフスタイルなど、どんなものでもOKです。但し、性的なコンテンツが多いものを除きます)
②  ご旅行中はご自身で行動して頂くことがあるため、英語で、ある程度のコミュニケーションが取れると可。タイ国 内旅行の場合はタイ語でも可。ですが、かならずしも流暢である必要はございません。
③  ソーシャルメディアを頻繁に使い、すでに読者やフォロワーがいること。
④  ポジティブなブロガーであること。

ね! これオレのブログにぴったりじゃ無い? って事で応募したら、なんと受かりました! おめでとう、オレ! もう「旅ブロガー」って称号もらっても良いよね。

でも何でプーケット島なのかって話もあるよね。バンコクエアウェイズの就航地っていっぱいあるのに。もし応募したのが映画「バンコクナイツ」鑑賞後だったら、絶対ラオス🇱🇦一択だったのにな。La La Laos。インド🇮🇳やモルディブ🇲🇻も迷ったけど。

やっぱりタイのビーチリゾートが好きだし、サムイ島のお代わりとかクラビも迷ったけど。でもプーケット島だったら、なーんとなく受かるような気がしたんだよね。かつてお坊さんを九人呼んで結婚式して、ワット・チャロンまで象に乗ってお参りに行ったので、キングパワーに守られてる様な気がして。

問題はプーケット島の何ビーチに行くかって話だよね。ビーチによって表情が違うからさ。家族旅行だとよく高級なバンタオビーチに行ったけど、一人旅だとパトンビーチかね? パトンビーチって結婚式振りだから15年振りかも。ノボテルホテルに親族を呼んで泊まったよね。連れ合いとアンダマン海に沈む夕日を観ながら、SPYを飲んだよね。

一人旅でも、テーマパークのプーケットファンタシーとか行くのかな? グッズが欲しいかも。あ、ちなみに仕事場のPCの壁紙はプーケットファンタシーの象さんです! はたまたピピ島まで遠征してみる? ビーチチェアに寝そべってビール飲んで読書してますって記事なんてどう? 読みたくねぇー!

とにかく今までは誰も読んでないだろうと適当に書いてたブログだけど、この企画により多くの人に読まれそうだからハードルが上がるなぁ。「緊張するぅ」って子ども達に話したら、「今まで通りやれば良いよ」って言われちゃった。偉いな、子ども達。そう言う意味でも、未知の地へ行くよりも勝手知ったるプーケット島の方が気が楽かも。

以上、「バンコクエアウェイズの旅ブロガーに選ばれました!」という報告でした。

エピソード1につづく

「旅の行き方」関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ