【タイ旅行記】S4 E12 プーケット島のシーフードレストランSAVOEYの注文の仕方

バンコクエアウェイズ旅ブロガーの旅

前回のパトンビーチで夕日を観た後は、そろそろ夕食じゃない?

ビーチリゾートだからさ、ディナーはシーフードだよね? でもオレ、シーフード(エビ・カニ・貝)苦手なんだけど。まぁ食べるよ。食べられるのだけ。


サヴォイ。ここはよくビーチリゾートにある観光客が好きそうな老舗のシーフードレストラン。約二十年前に連れ合いと来たのと、十数年前の結婚式の時に家族で来たので、今日は三度目か。ただ懐かしむ為に来ました。


場所はこの辺。


こういう店先に魚介が陳列されてるタイプのレストランです。


水槽には活きたカニが!


氷の上には立派なエビが!


でもオレ、エビもカニもダメなので魚にします。とにかく入りましょうか。


こういう扇風機の効いた店内です。遠くて生バンドが演奏してて、観光客で賑わってます。


席に着いて、先ずはメニューで料理を選びましょう。日本語も書いてるので、楽勝です。魚の揚げたのと、イカの焼いたのを注文しました。それとビールはマストね!

そしたら素材を選ぶ時間です。スタッフに呼ばれて、店先に移動。


選イカ・タイム。一人なので小さいのをリクエストしたら「これなんてどう? 」って選んでもらったけど、「え? これで小さいの?」とか言ったりして楽しみましょう。


次に選魚タイム。魚も小さいのをリクエスト。下の方に埋まってる魚を選んでくれました。


「これなんてどう?」って言うから「え? これで小さいの?」。


計量タイム。ここで値段がわかるので、これで良ければ席に戻りましょう。


ビールを飲んで待っていたら。。。


イカの焼いたの来たー! イカは思ったよりも小さめに焼き上がってました。香ばしくで、絶対に美味しいやつ。ビールが進みます。


タレは酸っぱくて辛いやつ。


次に魚の揚げたやつ来たー! こちらは思ったよりもボリュームがあるなぁ。カリカリに揚がった魚にチリソースがかかってて、絶対に美味しいやつ。シーフードが苦手なオレでも、これならいける!


ご馳走様でした。ここらでお会計。〆て1220B(約3870円)でした。ちょっと魚がデカかったかなぁ。


Savoey Seafoodのフェイスブックもあるってよ。

次回エピソード13につづく

「旅の行き方」関連コンテンツ