【インド旅行記】EP12 ゴア アンジュナ CAFE LILLIPUTのビリヤニ


ゴアひとり旅 エピソード12

前回 🔗」インドのテレビを見ながら昼寝した後の話。


21:23。よく寝ました。


今日はお隣のCAFE LILLIPUTで晩ごはんを食べる事にします。


CAFE LILLIPUTの場所はこの辺。


店内は爆音で、海の見える席に案内されました。


あっ! ここって先日見かけた、海をライトアップしてるお店だったのか。


お昼にビールとチャイとビールを飲んだので、お腹がカプカプです。赤ワインのグラスから始めます。


iPhone11 Pro Maxのナイトモードをオフにするとこんな感じの暗さ。


ろうそくの明かりで雰囲気があります🕯


やはりこのお店も店員は男性ばかりですね。


西洋人のお客さんは水タバコを吸ってます。


デカいワンコも走り回ってます。ジャマでーす。


後ろにはDJブースがありますね。大きさは渋谷のクラブ円山くらいでしょうか。


ゴアはポルトガル領だったので、ワインの種類も豊富なのです。


チキンビリヤニの登場です。日常では地元の「ネパール人がやってるインド料理屋さん」でよくビリヤニを食べているので、インドのビリヤニを食べてみたかったのです。


何なの、このかき氷みたいなドカ盛りビリヤニは。お茶碗に換算したら、山盛りご飯やん。


ヨーグルトも付いてます。


ビリヤニにミックスして食べると、味変が楽しめます。


そしてチキンティッカの登場です。メニューの写真では串焼きのチキンでしたが、串は外されてチキンだけ盛られてます。


今日はインドっぽいご飯だこと。取り皿がもう一枚出てきてたんだけど、そのままの器から食べる事にしました。食べやすいから。


チキンティッカめちゃうまい。味は骨なしのタンドリーチキン。


おお! 海にサーチライトが照らされとる。

View this post on Instagram

海を見ながら爆音でディナー

A post shared by なかレん (@oknaka) on


音楽の感じは、インスタの動画を見てみて。インスタには他にも旅の写真を載せているので、フォローをお願いします。


ビリヤニが暗くてよく分からないまま食べてたんだけど、上部の辛い味のする部分を先に食べてしまい、下の部分は味のないご飯だけ残ってしまった。ビリヤニって満遍なく味が付いた、炊き込みご飯ではなかったのか。


なので味のしないビリヤニにチキンティッカを乗せて、焼き鳥丼みたいな料理として食べました。


ここのビリヤニは混ぜながら食べるのが正解だったのだな。色んなタイプのビリヤニがあるのですね。暗くてよく分かりませんでした。明るい時間に食べる料理でした。


ご馳走様でした。お会計は〆て1400ルピー(約2141円)でした。ワイン二杯にチキンティッカにチキンビリヤでこのお値段は安いな。インドに住める。


DJブースの音があまり聞こえない席が端の方にありました。おしゃべりしたりする人たち用。


さてゴアのDJを楽しみますか。


めちゃくちゃ音が良いよね。


こんなの見てたら、またDJとかやりたくなってくるやん。


けど今はいいや。ゴアのDJたちは今ではデジタルだろうけど、二十年前だと普通にレコードだよな。レコードの保管はやっぱり冷蔵庫だったのだろうか。こんだけ暑いとビニールば溶けるから。


そろそろ帰ろう。満腹すぎて酔えない。


アンジュナには面白い遊び場が沢山あるなぁ。


ワンコも寝とる。


オレも寝よう。


朝型人間だもの。


error: Content is protected !!