【インド旅行記】EP06 ゴア散歩


ゴアひとり旅 エピソード6

今回はアンジュナの景色が堪能できる写真回です。風景だけでも見ていって下さい。

【金曜日】


おはようございます。ゴアに来て初めての朝です。いま朝の6:30なんだけど、まだゴンゴンとトランスの爆音が聞こえてくるぞ?


よし、いっちょ爆音のする方へ行ってみっか。


だいぶ向こうから音がする。

Curlies Beach Shack


この辺りから音がしてる。。。どこだ?


理解した。Curliesというレストランバーの隣の広場みたいな所がパーティ会場だな。


6:42。おお! まだちらほら人がいる。この時間帯はイベント関係者が残ってるとみた(憶測)。


だいたい7:00頃までタイテがあるパターンのイベントなんじゃね(憶測)? うぉー、楽しそうだな。ここは夜に来たかったな。


それにしてもここCurliesから宿のVista Praiaまでだいぶ距離があるのに、部屋の中まで爆音が聞こえてくるってどんだけ爆音なの?

日本ではこんなに音の出せる遊びは出来ないよなと思うと、ゴアに来て良かったと思えるのである。


ここの人たち、明日の夜もパーティやるみたい。でもPINAKIN BEACHってここアンジュナビーチの北にあるビーチだから行けないな。

他のビーチも見てみたいが、この旅はアンジュナビーチだけで終わりそう。あと10年くらいゴアに居たい。

散歩する侵略者


さて、朝ごはんを求めて散歩しますか。


しかしまだ7:00前だし、立派なホテルならまだしも、どこも開いてる気配が無いのよな。


それはそうと、さっきからビーチをワンコが走り回ってて怖い。昔プーケット島のバンタオビーチで犬に追いかけられて吠えられたからな。。。


もう陸側を散歩する事にした。


しかし、よくこんな所まで来たよな。どえらい田舎に来てしまった。


この辺りがアンジュナ・フリーマーケットなのかな。


お、このポスターは今さっき覗いたCurliesのパーティじゃん。この様にアンジュナの至る所にパーティのポスターが貼られてるので要チェック。


しかし、ここでもワンコが怖い。このフリーマーケットのお店の中に犬が寝てて、通ると「不審者発見!」とばかり吠えるのだ。

番犬気取ってるんだろうけど、噛まれたりしたら面倒くさい事になるよなぁ。襲われない様に、目を合わせない事にした。東京で職務質問してくるお巡りさんと同じ対処法だ(笑)。


あちゃー、道を塞がれとる。この時間帯は、ここは牛と犬の世界なのだ。オレは彼らにとっては、ただの散歩する侵略者に過ぎない。


犬に吠えられ、牛を避けながら歩く。地面にはカラスが死んでいる。


こんなにワンコが最高にイキってる時間帯に、歩いてるニンゲンなんていない。ニンゲンはみな、バイクか車で移動しているのだ。


牛はフリーズしている。


朝日が昇ってきた。


昨日の夜、タクシーを降りてコテージまでの道のりはこんな感じの道だったのだろうか。


ワンコ、吠えないで! 怪しいのはごもっともだけど、敵じゃないよ?


海に出たら、なんじゃこりゃ!


牛が密集しとる。


これだけ牛がいると、珍しくも何とも思わなくなるな。


そういえば、もうあのCurliesの爆音パーティは終わったみたいだ。静かだ。波の音しかしない。


牛って鳴かないのね。


この子達は静かに何してるの? 目を開けて寝てるの?


それにしてもお腹が空いてきた。


コーヒーだけでも飲ませてくれ。


ここでの生活は遅寝遅起きが良いのかもしれない。


いったんコテージに戻りますか。


お! 近所のレストランバーAURAで、パーティのポスター発見。明日の夜にパーティあるやん。これは行かねば。

Curliesのパーティはあの距離でも爆音が聞こえたから、このAURAのパーティは相当ヤバイ事になるね。

次回はいよいよ朝食にありつけ回です。



散歩する侵略者 🔗」

つづきを読む
error: Content is protected !!