台湾旅行‪🇹🇼‬ 台北で朝食を 鹹豆漿編①

スポンサーリンク

朝早く目覚めた時って、まだゴロゴロしときたい派? それとも早く外に飛び出したい派? オレは後者です。なので家族が起きるのを待たずして朝の散歩に出かけますよ? 逆に子ども達に散歩行こって誘っても嫌だって言われるのがオチですから。

散歩に出たは良いけれど福華大飯店(ハワードプラザホテル)の周りは整った道路があるだけで、目ぼしいのは豆漿屋さんくらい。それも開店したてで、まだお客さんがいない感じ。これはチャンスじゃね? って事で永和豆漿さんへ、吸い込まれる様に入ってみた。


場所はこの辺。


散歩の後はホテルで朝食ブッフェなので、軽めに鹹豆漿(シェンドウジャン)を一杯注文しました。


出た! これが鹹豆漿、30元(約108円)。鹹豆漿は揚げパンが乗った暖かい豆腐のスープで、ほんのり醬油味。ザーサイみたいな漬物がカリコリする。美味い。これはハマりそう。


卓上の調味料で味変を狙います。醬油と瓶の辛味噌を少しかけるとめちゃ美味。酢とラー油もいける。二日酔いじゃないけれど、二日酔いに効く感じ。


ぼちぼちお客さんが入ってきました。


店内の様子。混んでくると相席で座るタイプのお店。

スポンサーリンク


遺伝子組み換えでない大豆を使用してます的な?


豆漿以外にも、なんか美味そうなものが売られてますよ? これから帰って朝食ブッフェなので食べないけど、食べたい!


その場で作っとる。見てるの楽しい。


揚げパンを揚げとる。


ホテル周辺を調べてみると永和豆漿以外にもいくつか豆漿屋さんがあるんだよな。明日の朝もまた鹹豆漿食べようっと。

鹹豆漿②に続く。

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ