台湾旅行‪🇹🇼‬ 台北で朝食を 鹹豆漿編④

スポンサーリンク

毎日鹹豆漿(シェンドウジャン)を食べてるからめっちゃ鹹豆漿が好きな人みたいになってるけど、重要なのは連れ合いと行く朝の散歩だから。最終日も子ども達は朝の散歩に行かないって。


さて! 今日の鹹豆漿は先日の朝の散歩の時に見つけた瑞安鹹豆大王さん。


場所はこの辺。


ここも24時間やってる便利なお店。


メニューに色々あるけれど、食べるのは鹹豆漿に決まっとうじゃん!


わーい! 美味しそうなものが並べられとる!


細長い玉子のが原味飯糰(オリジナルおにぎり)なのかな? 手前のが海苔飯糰(海苔おにぎり)っぽいよね。


こういうカップのはお持ち帰り用みたい。

スポンサーリンク


さて、注文は連れ合いに任せてお席に着きます。何が注文されるのか楽しみ。


平日の朝だからか、地元の皆さんは冷蔵庫からカップを取り出して買って行ってました。


出た! 鹹豆漿二杯と玉子のおにぎりで、〆て90元(約336円)。内訳は鹹豆漿25元×2+玉子のおにぎり40元。おにぎりは二つにカットしてもらいました。


卓上の調味料はどこも同じ感じですね。


揚げパンが良い感じに乗ってます。二日酔いじゃ無いけど、二日酔いに効きそう。


これは玉子で巻いたもち米の中は。。。揚げパン!


ではいただきます!


ここのは味が薄めかな。優しい味。卓上の調味料で味変を楽しむタイプ。しかし揚げパンがカリカリしてて、食感が楽しい。これはこれで好き。

スポンサーリンク


こちらも食感がカリカリして美味い。しかし、これからホテルに帰って子ども達と朝食ビュッフェなのに、食べすぎじゃない?


まとめると鹹豆漿編①と④のお店は優しい味。②と③のお店は味がしっかり目で好みでした。勿論これはオレの好みであって、読者の皆さんは鵜呑みにしない事。あなたのお気に入りは自分で見つけるべき。


帰り道にもう一軒永和豆漿発見。もう一日台北に居るなら、明日の朝はここに行ってたかもね。


劇 終

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ