香港旅行🇭🇰 E15 サニーパラダイスサウナでマッサージ

スポンサーリンク

香港之旅 エピソード15

前回の銅鑼湾(以下コーズウェイベイ)のhmvでBlu-rayを買った後の話。

さて、そろそろホテルに帰ってシャワーでも浴びて寝るかな?

って、あのトイレも洗面台も全てがびしょ濡れになるホテルのシャワー浴びたいか? そんなので旅の疲れが取れるのか?

というわけで、新瀛閣桑拿(以下サニーパラダイスサウナ)に行ってみようかなと。


サニーパラダイスサウナは、コーズウェイベイ駅から歩いて9分。


サニーパラダイスサウナ到着!

値段が男性と女性とで違うのは、女性側にはお風呂がなく、サウナのみだからですね。あと朝と夜でお値段が違うので、サウナ&マッサージの人は22時以降のほうがお得ですよ!

スポンサーリンク

建物の中に入ると案内の人がいるので、エレベーターでお二階の受付へ。

受付では、料金やサービスの説明をしてくれます。

まずはロッカーでタオルもらって、服脱いでタオル一丁になります。ロッカーの鍵は非接触式でオートロック。鍵はジムみたく腕輪に。ジムと言うか大江戸温泉物語だよね。でも非接触式のロッカーキーなんて進んでるよね。鍵穴要らずだよね。

ここからは、iPhoneをロッカーに入れたので写真は無いです。公式ページとオレの口語体の文章で想像してみて。

よし、タオル一丁になって浴室に入るとそこには、想像してたのよりはやや小さいけど、十分な大きさのお風呂があるで!

かかり湯的なのどこでするんだろうとキョロキョロしてると、スタッフが奥を指差すので、見るとシャワーが。

シャワーを浴びたら、湯船に浸かるよね。サイズはお台場の大江戸温泉物語の中央のお風呂くらいかなー。平泳ぎが数掻きできた。お湯は熱め。いやー、極楽だわ。あのホテルのシャワーなんて浴びてられないでしょ。

次はサウナやな。サウナは二種類あります。普通のと中国ハーブサウナ。まずは普通のサウナに入ってみた。いつも通ってるジムのよりは熱めだな。汗かいた所で水風呂。

スポンサーリンク

そして次は中国ハーブサウナへ。こちらはすっごい身体に良さそうなんだけど、むせて入れなかったわ。フォグかかり過ぎ。

サウナの入り口には五花茶や、グレープフルーツの酸っぱいジュースがあるんだよね。至れり尽くせりだろ?

あとさ、フルーツとフルーツナイフが置いてあったんだけど、こんなの黒社会映画だと武器として使われるやろ! って心配したわ。でも、フルーツが置いてあるお風呂って、ゴージャス感醸し出してるよね。食べてる人居なかったけど。

あと特筆すべきは、みんなスマホを裸のまま隅っこに置いてるんだよね、お湯のかからない場所に。サウナ前の棚とか。防水の心配よりも、盗難とか大丈夫なんかな? って思ったけど、ここは神聖なる場所なんやね。

ふと、アカスリブースのおじさんにアカスリやらんかと話しかけられた。めっちゃ温厚そうなおじさん。アカスリしたかったけど、今回はパス。今思えば何でパスしたんだろう。。。そしたらマッサージはあっちだって教えてくれた。

一通りお風呂を楽しんだら、次はマッサージでしょ! スタッフに「マッサージ」と言うと、短パンとガウンを着せられた。こ、これは! 黒社会映画でよく見るやつや! そういえば黒社会映画みたいなすっごい刺青してる人とか居るかと期待してたんだけど、居なかったな。

さて、ガウンを着て浴室を出ると、そこはリクライニングチェアーがズラーっと並んだ部屋。隅にはテレビとバーカウンターがある。香港映画に出てきそうなおじさん達がくつろいどるわ。

リクライニングチェアーに案内されたので寝そべり、ふとテレビを見ると、シン・フィオンがまだ生きてる! 若きルイス・クーが熱演しとる! 調べたらこれ「創世記II天地有情」だったわ。うわー! オレ、香港に居る!

スポンサーリンク

と感動してたら、スタッフに飲み物を聞かれたので、アイスの中国茶を頼んだら冷たいプーアル茶が出て来た。周りを見ると、みんな寝そべってスマホを見とる。Wi-Fi使えるみたいだし、オレもiPhone持ってくればよかったな。防水だし。

お茶飲んでまったりした頃に、マッサージ90分をお願いすると、お二階のマッサージルームへ。めっちゃベテランぽいおばちゃんが施術してくれました。お風呂に入って、マッサージして、ここは香港の大江戸温泉物語に認定ですね。

ただ1つ問題が。マッサージのおばちゃんのチップ口撃が半端ない。サウナとマッサージ90分で486香港ドルの所で、チップを200香港ドルもする請求してくるおばちゃん。「マッサージ45分ならチップ100香港ドルだから、90分のマッサージなら200香港ドルだ!」って強引な。ここは上手く逃げ切って!

さて、マッサージオイルを落とすためにもう一度シャワーして、湯船につかった。時計を見ると、こりゃ終電無いな。。。

サウナでドライヤーしてると、「古惑仔」のイーキンの襲撃シーン思い出すよね。着替えてお会計。

どうやって帰ろう。バスかタクシーだけど。


コーズウェイベイ駅の方に戻ると旺角行きの小巴が居たけど、どのルートを通るのかわからなかったのでスルー。


結局タクシーでチムサーチョイまで帰ることに。90香港ドルでした。香港島から九龍まで海を渡るからトンネル代とかあるのかなと思い多めに出したんだけど、お金返されてお釣りまでもろた。

寝る。

ソウルのサウナはこちら。

エピソード16につづく


香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ