韓国旅行🇰🇷 ソウルの仁寺洞のサウナでアカスリ

スポンサーリンク

韓国といえば、グエムルと新感染とアカスリでしょ! って事で仁寺洞(インサドン)のアカスリに行ってきました。いつもは年末にお台場の大江戸温泉物語でアカスリしてもらってるんだけど、本場のアカスリを体験しておかないとね。


先ずは地下鉄で鍾路3街駅へ向かいます。駅構内のセブンイレブンにポケモンGOが! どうやらセブンイレブンが公式パートナーみたいですね。


鍾路3街駅から北は昔の建物をリノベしたおしゃれなカフェやBARが沢山あって、ここには小洒落た若者が沢山居ました。


仁寺洞汗蒸幕の看板発見。♨マークが目印。


サウナっぽくない地味な建物に到着。


場所はこの辺。


地下ですね。


♨サウナって書いてある。

スポンサーリンク


受付に行くとヒカキンみたいな眼鏡のお兄さんが日本語で説明してくれました。入場料は朝5時から21時までが8000ウォン(約800円)、21時から朝5時までが10000ウォン(約1000円)。目的はアカスリなので、いろいろオプションを選んだりネットの割引きクーポンを見せたりワイワイ楽しみました。結局選んだのは、アカスリとカッピングと顔の角質取りね。


下駄箱に靴を入れ、この先のロッカーでお着替え。


こんな感じの「未来少年コナン」のインダストリアの囚人服みたいなのに着替えました。さてサウナに入りましょうか。


塩サウナ。床にジャリジャリと塩の塊が敷き詰められてて、その上にタオルを敷いて寝転ぶ感じ。温度はそれほど高くないので苦しくない。途中でお兄さんがペットボトルの水とゆで卵を持ってきてくれました。五、六人入ると一杯な広さなんだけど、一人だったので大の字で寝てやりました。めちゃ気持ちよくて最高!


こちらが良くテレビで見る感じの伝統的な汗蒸幕(ハンジュンマク)。高温で汗がダラダラ。一人なのでヨガのサルバンガアーサナのポーズで挑みました。


今の時間は以上の二つのサウナしか無いとのこと。のんびり過ごしたし、そろそろアカスリに行こうかな? お兄さんにアカスリをお願いすると、シャワーを浴びてお風呂に浸かって待っててと言われたので、お風呂へ移動。


男湯はコチラ。ここから先は普通にお風呂なので写真は無しで。その代わり詳しく口語体で書き記すね。お風呂のイメージは仁寺洞汗蒸幕公式サイトを見てみて。

そういえば大江戸温泉物語ではアカスリ前に身体を石鹸で洗うなって言われてたので、今回も石鹸では洗いませんでした。お湯に浸かって待ってると篠山紀信みたいなおじさんがまさかの全裸で登場。まぁお風呂だし全裸の方が自然か。オレも全裸だし。

スポンサーリンク

おじさんがアカスリ台に寝ろというので、全裸で寝そべるオレ。おじさんはパンツを履いてアカスリ開始。良かった。全裸でアカスリ始めなくて。

おじさん「ジャパン?」
オレ「はい」
おじさん「トーキョー?」
オレ「いえす」
おじさん「トゥモロー、トーキョー?」(明日東京に帰るのか?って意味だと思う)
オレ「釜山!」
おじさん「釜山 トゥモロー トーキョー?」(釜山の次の日東京に帰るのか?って意味だと思う)
オレ「イエス!」
おじさん「オー! トーキョー 釜山」
こんな感じの片言英語で会話を楽しみました。

おじさんはオレの顔にクリームを塗り、顔パックを貼ってアカスリ開始。おじさんの腹にオレの手が当たるんだけど。。。ちょっとヤダ。でもそんなの序の口だったわ。

そして太もものアカスリする時に、おじさんのミトンがオレのキ◯タマに当たる、というよりガシガシぶつけてくる。そう来たか。大江戸温泉物語のアカスリはおばちゃんだし、パンツも履くのでデリケートな部分は華麗にスルーしてくれるのに。ここでは豪快にキ◯タマがジャブられてる。為すがままだ。

おまけにおじさんはオレのキ◯タマを素手で持って裏までアカスリしてくれました。おじさんにキ◯タマを持ち上げられたの生まれて初めてだわ。オレは今凄い体験してるぞ。その昔台北で老師にオイルマッサージされた事あるけど、それ以上の体験だわ。

おじさんに「よこ」と言われて横向きで寝る。おじさんの片言の指令が続く。「うえ」「よこ」「チェンジ」と、言われるがままに為すがままに。アカが取れては、シャワーで流されます。

おじさんは「シャワー、ちょっと(お風呂)」と言ってお風呂を指差す。つまり、一度シャワーを浴びてちょっとお風呂に入れと。もうアカスリは終わりかな?

再びマッサージ台に呼ばれて、今度はマッサージ開始。荒々しくて気持ち良いけど、オレ、やっぱり男の人に身体を触られるの無理だわ。最後にシャンプーしてもらって終了。

スポンサーリンク

「シャワー、ちょっと、ドライヤー、ガウン、サウナ」と最後の指令を出すおじさん。ガウンを着てサウナ部屋に戻れと。あー、サッパリした。身体がスベスベで気持ちいい。ありがとうおじさん、良い仕事してくれました。お疲れ様でした。


今度はサウナ部屋の横にある個室に案内されます。そうカッピングの時間ですね。お姉さんの指示通り、ベッドにうつ伏せになります。お姉さんはガラスの瓶で背中を吸引しまくりです。何だか背中をつねられてる様な感覚で、そんなに痛くはないのな。これで何がどうなるのかは知らないけど。しばらく放置されて、時間が来たらお姉さんが瓶をカパッと外しに来ました。鏡で見たらてんとう虫みたいになってたわ。背中の写真撮ったけど、キモいからアップは控えるね。

次は仰向けになって、顔の角質取りですね。何が行われてるのかいまいち良く分からなかったんだけど、顔にクリームを塗って擦るとポロポロと角質が取れたのかな?


帰り際に日本のおば様の団体客が来て、お兄さん忙しそうでした。そろそろ出ましょうかね。


ここどこや? キ◯タマの裏までアカスリされて、方向感覚を失い迷子気味。地下鉄の駅を探そう。


地下鉄の駅にTWICEちゃんが居たわ。


帰りの地下鉄の中でニンテンドー3DS LLで「とびだせ どうぶつの森」をプレイしてるお姉さんを発見。案外任天堂は韓国で頑張ってる印象。だって映画「新感線」のパパは娘にWiiをプレゼントしてたし、KTXの車内には任天堂の広告貼ってあったしね。

劇 終

香港のサウナはこちら。

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ