九州之旅 EP17 極寒の門司港レトロ 上の句 パルフェ

小倉のスタバのお姉さんにオススメされた門司港のフルーツ屋さんモーンに行ってみる事に。けどさ、二月の北九州が東京より寒いなんて知らなくて「こんなの詐欺だろ!」と思いながら門司港へ。


小倉駅から電車で数駅の門司港駅に到着。


赤き電車がカッコいい。けど寒っ。


門司港レトロの方に行ってみた。ここは豊洲っぽい? 寒いけど。


とにかく寒くてさ、普通に立ってられない。


確か、向こう岸は山口県下関なんだよね。寒いからよく分からない。


おっと早速看板発見! モーンってこれっぽいな。とにかく寒いから早く中に入りたい。


あっ! はね橋が! はいっ見た! もう見たから、早く建物に入ろ?


モーンの入り口はここっぽい。早く入らないと凍え死ぬ。


場所はこの辺。


どれにしようが迷ったけど、一番定番っぽいやつを。寒すぎてよく分からない。


美味しそうなやつ登場。「ジュレにソフトクリームと果物をのせた飲めるパルフェ!お子様に大好評!」だって。780円(約230バーツ)。


こんなの美味いに決まってるやつ。これを出来るだけゆーっくり食べたよね。だって食べ終わったら寒空の下に放り出されるんやで? 凍え死ぬで!


美味しそうなフルーツも売ってました。


誰この子? さて、寒いけどもう少しお外を観光しますか。


うわ、ステキな建物があるけど、寒すぎて無理。


とにかく身体の芯から震えが来るくらい寒い! もう焼きカレー食べて帰りたい! 下の句につづく。

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ