北海道旅行 E11 札幌のジンギスカンの食べ方 上の句

スポンサーリンク

北海道の旅 札幌編 エピソード11

前回の札幌の宿にチェックインした辺りから。夜はすすきのでジンギスカンだよね! オレ、北海道でジンギスカン食べた事ないから有名どころを攻めてみる。

ジンギスカンって二種類あるんやね。一つは肉を焼いてタレにつけて食べる焼肉タイプ。もう一つは、割り下を鍋の肉にぶっかけて焼くすき焼きタイプ。この上の句では前者を喰らおうと思う。後者は下の句で。


いわゆるすすきのだよね。そしてめちゃ寒い。防寒対策してなかったからさ。


観光客だから、だるま本店行くよね。

行列とはこの事。待つのは苦じゃないけどさ、寒さがヤバイ。

やっと看板見えてきた!

いよいよ店内に入れた。全席、中央のおばちゃんを囲む式のカウンターやね。おばちゃんが全部の席の面倒を見ると言う、ここではおばちゃんが神。

スポンサーリンク


まずはビールで。今日は朝からウイスキー飲んで、昼もビール飲んで、夜もビール飲むよね。


さて、炭火の準備はオッケーです。


山あり谷ありの鍋が設置されました!


するとおばちゃんがオートマチックに野菜を放り込んでくれます。


数量限定のジンギスカン上


成吉思汗(ジンギスカン)。マトンだね。


ハサミで切れって言われたけど、使わなかったな。


いかにも秘伝のタレ。

スポンサーリンク


山で肉を焼いて、谷で野菜を炒める。肉が焼けたらタレに漬けて食べるか、焦げないように野菜の上に避難させる。


お通し。


お肉と一緒に注文したら、後にしてと怒られたキムチ。肉が来てから注文した方が良さげ。


でな! 特筆すべきは、山頂の脂な。この脂が焦げて小さくなっても絶対に退けてはいけないよ。隣の席の人それやって、おばちゃんに怒られてたから。脂が溶けて小さくなったら、おばちゃんがオートマチックに新しい脂を乗せてくれるから。常に山頂に脂をキープしておく事! 

脂の移動禁止!

この記事で一番伝えたい事はコレだから。ほんと、覚えて帰って。


シン・ゴジラみたいな形の、シン・ジンギスカン。

朝からウイスキー飲んで眠いので、今日はこの辺にしておこうかな。このお店、意外にもカードが使えたので陸マイラーにも優しかったです。

スポンサーリンク


帰りにコンビニで明日行く予定の、札幌国際短編映画祭の前売りを買いました。明日は短編映画観るぞ!


眠い! にも関わらず真っ直ぐ帰って寝るのも勿体無いので、スタバでまったりブログの下書きしたり。


スタバを出て、ふらっと入ったTSUTAYAで目に飛び込んで来た「ウェスカム・ドールハウス」。これ連れ合いとロンドンの映画館で観たよね。


帰りはGoogleマップを見ずに、野生の勘だけで部屋に戻ろうと試みたら、迷子になってもた。こんな繁華街にある部屋に帰るなんて何年振りだろう。

さて、明日は札幌国際短編映画祭や!

つづく

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ