北海道旅行 E08 余市でウイスキーを舐める

スポンサーリンク

余市ウイスキーの旅 エピソード8

前回の余市駅に到着したあたりから。


とりあえず駅に着いたら帰りの時刻表をキャプっとくの旅の鉄則な。


2016年頃の余市駅。

余市に来たらニッカウヰスキー 余市蒸溜所でしょ! ってか他に何があるのか知らん。


ここがニッカウヰスキー余市蒸留所入口。

入場無料です。


中は「ウォーキング・デッド」の街みたいになってて、とにかく広い。

沢山写真撮ったけど、それは例の如く別途アルバムにまとめて端折るとして、特筆すべきウイスキー🥃の試飲まで進めるよ。

スポンサーリンク


King of Blenders


さて、お待ちかねの試飲コーナーです。無料の試飲コーナーの前に、有料のに挑戦してみます。てか、ウイスキーってちゃんと飲むの初めてじゃないかな。

よく分からないので、余市蒸留所限定品のシングルモルト余市2000にしてみた。400円。

写真撮る用にボトルを置いてくれました。

ちょっと舐めてみたんだけど、ずっしり重いのがガツーンときたね。めちゃキツい。泡盛やテキーラは飲めるのに、ウヰスキーは未知なる世界だわ。

さて次は、ラスボスの無料の試飲コーナーまで端折るよ!

この比率を頭に叩き込んでから。。。

いざ試飲会場に突撃!

スポンサーリンク


竹鶴ピュアモルト。ウイスキー1:水1。


スーパーニッカ。ウイスキー1:水2+氷3。


アップルワイン🍎。氷2。

各種一杯ずつ無料で試飲できます。朝に☕️とブルーベリータルト食べただけの空きっ腹にこれだけ飲んだら軽く酔うよね。はい、ウイスキーに慣れるのが今後の課題ですかね。やってみます。

試飲だけでなく、おつまみ販売もあります。

試飲もできたしそろそろココ出ましょうか。お昼食べたいので。一軒行きたいお店があるのです。

つづく

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ