北海道旅行 E15 札幌のジンギスカンの食べ方 下の句

スポンサーリンク

札幌ジンギスカンの旅 エピソード15

前回の豊平峡温泉からバスに揺られて爆睡しながら札幌駅に着いた辺りから。

目覚めると札幌駅。

とりあえず、普通に歩けないほど寒い。震えながら札幌駅前を走って移動するオレ。とにかく地下に逃げ込もう! 気温一桁とか想定してなかったわ、秋の装いだもの。

とりあえず松尾ジンギスカンでも入ろうとしたら、人気店過ぎて席の用意ができるのが一時間後。フライトの時間を考えると待てない。

ので、新千歳空港の松尾ジンギスカンに行こう!って事で、空港店に予約の電話したら予約不可でした。ギャフンとはこの事。

とりあえず当たって砕けろって事で、快速エアポートで新千歳空港へ。ジンギスカン喰うぞ!


ジンギスカン脳のまま移動。

スポンサーリンク

松尾ジンギスカン新千歳空港店に猫まっしぐら! 少し待ったけど難なく入れた。

山あり谷ありの鍋、準備完了。

松尾ジンギスカンのおいしいジンギスカンの焼き方。

お肉はじゅうじゅう焼く、お野菜はぐつぐつ煮る、それがまつじん流

①まずはまわりに野菜

②次に真ん中で肉を焼く

③肉は焼いて野菜は煮る

油は不要です。

スポンサーリンク

待ってる間に「羊肉のヘルシー効果」よく読むこと! テストに出るよ。

使わなかったけど、七味にんにくは美味そうだな。

とりあえず生ビール。

出たジンギスカン! ご飯は要らないのでセットでなく単品にしました。

お店の人が焼いてくれるというので任せたんだけど、まつじん流と違うやん! 野菜をドバッと敷いてその上に肉を置きはったで、この人。「まずはまわりに野菜」なんじゃないの?

そして割り下登場。

鍋にぶっかけてぐつぐつ煮ます。

待ってる間に、ラムステーキをば。

スポンサーリンク

色んなエキスが飛び散るのでエプロンを装備。

荷物もプロテクト。

いよいよ実食タイムに。一瞬で食べ終わったんだけど?

さて上の句と下の句で、タレにつけて食べるジンギスカンと、タレをかけて煮るジンギスカンを食べたけど「どちらが美味しい?」か聞きたいよね? その答はえは「両方美味しい」でーす! 何故どちらか一方を選ばないといけないのでしょうか? 意味がわかりませーん‼️

さっき、インドカレー食べたばかりだけど、肉とビールは別腹だよね。てことで、いよいよ次回最終回

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ