【Spark AR】『ピヨり』ARエフェクトの作り方


はじめに

おかしいな。。。こんなに長い冬休みがあったら、インドでも旅してるはずなのに。

ずっとARエフェクトの事を考え、作業してます。ええ、まだ冬休み中です。

先日も息子(12)と映画の帰りに、人っ子一人も居ないゲーセンで格ゲーっすわ。

その時息子から「ピヨりエフェクトを作ったら?」と提案があったので、作ってみる事にしました。

ピヨり

ピヨりとは、気絶して頭の上に星だとかヒヨコが回ってる状態ですね。

ピヨりって言う位だから、星よりもヒヨコがピヨピヨ回転してる方がらしいかな。

では作っていきますね。

先ずはSpark ARのパッチで、頭の上で回転し続ける装置を作ります。

頭上の中央にヌルを置き、その東西南北に4匹のヒヨコを配置します。そのヌルをY軸で360度回転させるという仕組みです。

後はヒヨコを作れば完成じゃ。今回は楽勝だな。と思いきや。

ヒヨコ

ヒヨコなんかさ、「2Dで描いて板ポリに貼って回転させとけば良いんじゃない?」と思ってた時期が私にもありました。

2Dだと、ビルボードにするにはパーティクルで作るのか? では奥に行ったヒヨコの向きを変えるには? テクスチャのアニメ?

と色々と面倒くさいので、サクッと3Dで作る事にしました。

ヒヨコを3Dで作ってたらさ、職業病なのかアニメも付けたくなってくるよね。

脚と羽をアニメさせたので、ARエフェクトで注目してみて。

さて、完成。。。だけど、ちょっと地味だよね。

目も気絶させないと、異文化の人には伝わらないのでは?

ぐるぐる目

という事で、ぐるぐる目をつけます。

目を隠すために、目の部分を縫い合わせました。応急処置ですね。あまり上手い方法では無かったですが、これしか思いつきませんでした。

まぁ、いい感じです🌀🌀

アイコン

アイコン、イケてーねーな!!! けど、とりあえず審査に出すには十分だ。

後に余力があれば描くかも。

リンク

これにて完成です。

こちらのエフェクトは、ただセルフィーで顔につけるだけではなく、ピヨってる演技まで要求される難易度の高いARエフェクトとなっております。

2021年、今年もピヨって行こうぜ!

error: Content is protected !!