【SONY】WH-1000XM3【レビュー】


WH-1000XM3

今までは有線のちゃちいオシャレヘッドホンを使って仕事をしていたのですが、この度ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンWH-1000XM3を買いました!

その事は「【旅アイテム】飛行機でも使える!」にも書いたけど、あれから一か月くらい使ってみたので、そろそろレビューを書きますね。

⭕️メリット

・無線って凄いね。コードが椅子に絡まらない。今まで椅子でコードを踏んでたからね。

・ヘッドフォンをしたまま、トイレに行ける。今まではラジオのコマーシャルを見計らって行ってたから。(👉ラジオのコマーシャルはかなりウザくて聴きたくないのでデメリットとも言える)

・バッテリーが長持ち。朝から着けてても夜まで20〜30%しか減ってない。

・バッテリー残量等ヘッドホンが喋ってくれるんだけど、めちゃカッコいい。未来的。

・長時間着けてても耳が痛くない。今までのは何だったんだ。低反撥ウレタン素材マジ最高。

・メガネが固定されるのでズレない。これは凄くありがたい。最近顔が痩せてすぐズレる様になってたから。

・常にiPhoneの音が聴こえるので最高。いつでもどこでもNetflixやHuluやプライムビデオが観れる。

・だいぶ静か。騒音が消えるので、山手線が上海リニアモーターカーくらいになる。

・飛行機のイヤホンジャックに有線で繋げられるので、適音量で快適に映画が観れる。✈️

・下を向いてもヘッドホンがズレない。

・髪が長いとヘアバンドにもなる。

・冬はイヤーマフになる。暖かい。

・自分の世界に篭れる。話しかけてくるなよ。

❌デメリット

・髪の毛がペタッとなる。これはしょうがない。耳の穴に異物をぶっ込むよりはマシ。

・電車で壁にもたれると、ヘッドホンがガンってぶつかり、その時のコンって音が超うるさい。頭を壁にもたれられないのは厳しいな。

・今までハット派だったけどヘッドホンとは相性が悪い。キャップが必要かも。(👉キャップ派に転向しました)

・高温多湿だと低反撥ウレタン素材が暑苦しいかもしれない。汗水泥になる。

・仕事に集中出来るがよく寝てしまう💤 (👉ある種のメリットと言えるかも知れない)

・ヘッドホンを外した時に、「うわ!うるさ!」ってなる。これに慣れてしまうともうノイキャンヘッドホン無しでは生きられなくなる。何て都会はこんなにノイジーなんや!

・人の足音が聞こえない。誰もいないと思い放屁しようとしたら、真後ろに人が居た事がある。自分の発する音量が分からないし、背後の気配も分からない。

・ヘッドホンを外してしばらく経ち、Bluetoothで繋がっているのを忘れ、トイレでiPhoneの音量を上げても音が出ないなぁと不思議に思っていたら、リビングのヘッドホンから爆音がしていた。(👉気付け)

・充電した後はヘッドホンの電源が切れているが、ヘッドホンを装着した時点で耳が密閉される為、既にかなりの消音状態なので、もう電源が入っていると勘違いして音量を上げたら、iPhoneの音が周りの人にダダ漏れだった。(👉ヘッドホンを装着した時は必ず電源ボタンを一度押してバッテリー残量を確認する事で電源が入ってるか確認する様にしている)

・たまに突然鳴る「ポーン」って音の意味がまだ分からない。(👉マニュアル読め)

・iPhoneでDAWアプリの鍵盤を弾くと分かるのですが、タイムラグがある。(👉慣れれば何とかなる。ミュージシャンには致命的かもしれないけど、アマチュアなので気にしない)

まとめ

とにかくWH-1000XM3は最高なのでみんなも買うと良いよ👇 (👉また気づいたら加筆していきます)


ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3  🔗」

error: Content is protected !!