映画「お嬢さん」のお屋敷が三重県の桑名にあった!

皆さんは三重県の桑名って知ってます? 名古屋から快速で20分のハマグリの楽園なんだけど。「その手は桑名の焼き蛤」という言葉がある位、ハマグリが有名です。


なのでマンホールもハマグリ!


商店街にはこの子が居ました。ゆめはまちゃんです。

そんなハマグリしかない桑名で、パク・チャヌク監督が撮影したって「お嬢さん」のエンドロールで見つけたので行ってみた。あぁ、パク・チャヌク監督の説明要る? 詳しくはSiriに聞いてみて。

軽く書いとくと、パク・チャヌク監督で有名な作品と言えば「オールドボーイ」でしょうか。スパイク・リー監督でハリウッドリメイクまでしたから聞いたことあるでしょ。興味を持った人には「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」の復讐三部作をお勧めしときますね。


お嬢さん(字幕版)
じゃなくて「お嬢さん」を絶対観て。最高だから! この映画ヤバすぎでBlu-rayを家に置けない作品だから、劇場で二度観て目に焼き付けたもん。


三重県唯一のドムドムバーガーが有る桑名駅には、物産観光案内所があってな。


六華苑のポスターが貼ってあった。「お嬢さん」の撮影が行われたのはここらしい。オレ三十年前から定期的に桑名に来てるけど、こんなのあるの知らなかったわ。


六華苑まではタクシーで730円だって。多少の増減がありますのでご了承下さい。


タクシーで7分でした。歩いても16分だけど。


810円だったわ。


ここが六華苑入口。


入苑者のカウント数は今年の?


入苑料は310円でした。小学生の坊ちゃん(9)は無料。


入るとドーンと洋館がお目見え。あ、右奥が和館か。洋館と和館のハイブリッドな、実業家二代目諸戸清六のお屋敷です。


坊ちゃん(9)はお屋敷は後回しで、先に森の中を探索したいと言う。


結構広い。


いい感じの扉発見。


こういうのは写真撮っておくと、テクスチャー描くのに良いよね。CGやる人には。


ぐんぐん突き進む坊ちゃん(9)。


しかし広すぎる。


池に映るお屋敷。


池をくるっと回って和館に到着。「うっ、ここはあそこかな。」


「あー、やっぱりここだ!」


「へー! ここで撮影したんだ。」と独り言を言いながら歩く父ちゃん。


和館と洋館のつなぎ目。


そろそろお屋敷に入りましょうか。


入り口は和館サイドに。


六華苑で撮影された作品リストが。「偉大なる、しゅららぼん」は観たな。


出た!「お嬢さん」コーナー。


「あ〜!」


「うぉー」


「わー!」


「ほう、さっきの洋館の入り口をブルーバックで!」


「さっき歩いたあの橋が!」


「池に映るお屋敷」


「この旦那様の車のシーンはここの入り口じゃん!」


「あっ」


「レールまで敷かれとる!」って感動しまくり。


新聞にも載ってますね。


よし、お屋敷探索に出かけよう!


離れ。ガラスが薄くて壊しそうで怖いので、バックパックは預けるか、前がけにする事。


はしゃぐ坊ちゃん(9)。


坊ちゃん(9)は座って落語の真似をしてました。


しかし広い。「こんなに広いおうちで何する?」という話題で持ちきりに。


トイレ。


「あーここだ。」


「見覚えある!」と感激しまくり。


次は洋館サイドへ。


軽井沢タリアセンの洋館を思い出したわ。


トイレ。


電話。


ギシギシ言う階段を上ってお二階へ。


丸い部屋に椅子が並べられとる。ここ良いな。


トイレ。


こんなスーツケース、映画にも出てきたよね。レトロでオシャレ。


ここからお庭が見下ろせます。


二階から見た玄関に続く道。旦那様の車が見える(気がした)。


やっぱ丸い部屋良いな。


「この入り口だったんだ!」


外から見たところ。


もう一周して帰ることに。


池に映るお屋敷。


あの橋。


祠があったのでお祈りする坊ちゃん(9)。


こんなに広いと、夜トイレに行くの怖いよね。


六華苑の他に諸戸氏庭園でも撮影してるらしくて、調べたら近くにあるんだけど。。。


坊ちゃん(9)は早くレゴランドに行きたそうなので諦めた。

次回、レゴランド編に続く

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ