タイ旅行🇹🇭 S6 E07 アオナンビーチからライレイビーチへの行き方

前回の朝食を食べた後、キミならどうする? そう、ビーチタイムだよね!ライレイビーチ(とプラナンビーチ)は絶対おすすめだから行ってね。って事でここにアオナンビーチからライレイビーチへの行き方を記します。ライレイビーチへは船でしか行けないので、街中で見かけるツーリストインフォメーションに行ってタクシーボートのチケットを買って下さい。


ここのお店がおススメなのはチケット売り場とボート乗り場が近く、立地も良いのでお客がすぐに集まるという所です。タクシーボートはある程度人数が集まらないと出発しないので。


場所はこの辺。


ライレイビーチ(West Railay Beach)まで往復200バーツ(約691円)です。お店のお姉さんに「ライレイ」と言えば通じます。


200バーツ払うとチケットが二枚貰えます。


道路を渡った所にいるタクシーボートのおじさんに白いチケットを渡しました。青いチケットは帰りのチケットですね。失くさずに。


長椅子で座って待つように言われました。


人が集まってきた。


8人ほど集まったのかな? 出発するってよ。


このボートに乗るみたい。


あの梯子で船内に乗り込みます。KEENみたいなしっかりしたサンダルを履いてると良いですね。まぁ、みんな裸足だったりですけど。


よく見ると船の先端に猿ちゃんがしがみついてる。


ではそろそろ出発します。さようなら、アオナンビーチ。


この船頭さんは飛ばす人だなぁ。


バナナボートばりに乗客を楽しませてくれるタイプの船頭さんですね。


めっちゃ岩ギリギリを攻めてくれる。


安心してください。iPhoneは落とさないように防水ケースに入れて首からかけてます。


みんなキャッキャしとる。


あー楽しかった!


ライレイビーチが見えてきた!


ライレイビーチに初上陸しました。


おめでとう、オレ🎉



ちなみに翌日もアオナンビーチからライレイビーチへ行ったんですよ。


今日も良い天気です。これでも雨季ですからね。


今日のボートはこの子。


今日の船頭さんは昨日と打って変わって安全運転です。


昨日の岩が見えてきました。


華麗に素通り。。。


おまけに全員強制的に救命胴衣の着用させられました。

同じタクシーボートでも船頭さんによって乗ったイメージが全然違うのです。何だってそうですが、一回の体験ではその本質は分からないという事です。レストランの味も一回しか行ってないお店の(数あるメニューの中から数品しか食べてないのに!)評価とか無理な話なのです。旅ブログの危うい所ですね。

ただ一つ言えることは、翌日もライレイビーチに出かけたって事は、それだけライレイビーチが魅力的で気に入ったって事ですね。次回ライレイビーチ探索編突入!

エピソード8につづく

「旅の行き方」関連コンテンツ

なかしんTwitter