iPhoneでマイクラの旅 EP02 交通網の整備による景観破壊について


前回はこの島に初めての家を作ったんだよね。でもこの島には資源が少ないから向かいの島に行って探索してみようと思って泳いでる途中に振り返ったところ。やっぱりこの島の形が好きだわ。満月が綺麗だったからパンガン島と名付けよう。ここでフルムーンパーティしたい。


向かいの島に到着したら海亀が居ました。

こちらの島は羊や豚が居て住みやすそう。サムイ島と名付けよう。


という事で、こちらのサムイ島にも別荘を建てちゃいました。向こう側に我がパンガン島が見えます。どうにか向こうとこちらを繋げられないかな? よし、やってみよう。


ここで強力な助っ人を呼びました。マイクラの師匠こと坊ちゃん(10)です。


「向こうのパンガン島までブロックで繋げるの手伝ってよ?」


砂岩や土を集めては橋に貼り付けていきます。気が遠くなる作業だったけど、二人だと捗るぅ。


もうかなりパンガン島に近づいたね。しゃがみながらブロックを置くと海に落ちない事など、師匠から小技を学びました。


でも橋が細くて歩きにくいので、ブロック4つ分の太さに仕様変更。将来的には安全面も考えて柵も付けようかしら。


よし繋がった! これでいつでも島間を行き来出来るぜ!


雨が降ってきた。サムイ島からの橋はパンガン島の家の屋上に接続しました。


パンガン島の家の玄関を出たら、頭上に橋がドーンと通ってます。何だよ、この圧迫感は! 息苦しい。高速道路の下に住んでるみたい。


こんなに人工的に整備された島なんて、パンガン島じゃない! いくら交通網が発達したからといって、景観が悪くてはリゾート地失格ですね。さて、どうしたものか。

「旅の行き方」関連コンテンツ

なかしんTwitter