上海旅行🇨🇳 文系でも出来る!簡単に中国でTwitterやFacebookやInstagramやLINEやGmailに接続する方法

中国ではTwitterやFacebookやInstagram等のSNSが使えないって聞くじゃないですか。あとGoogleも使えなかったら、GoogleドライブやGoogleマップに旅の事前情報を詰め込むオレの旅のやり方が全部台無しじゃないですか。困った。


でも調べたらVPNってのをゴニョゴニョすると使えるらしく、iPhoneのアプリでVyprVPNってのを入れてみました✨


けどよく分からない。そもそもVPNって何か知らないし。オレには敷居が高くて無理。もっと簡単な方法は無いの?

そういえば海外に行く時にいつもレンタルのモバイルWi-Fiを借りるんだけど、イモトのWi-Fiのページを見ていたらオプションで「中国ワンタイムVPN」1日300円ってのがありました。つまり普通にモバイルWi-Fiを借りてこのオプションを付ければ、中国でも日本と同じ様な環境でネットが出来るという事ですね? 便利過ぎる。これならオレにでも出来そうだぞ? という事で、実際に使ってみました。


事前に予約してあるイモトのWi-Fiは、成田空港の隅っこにあるQLライナーで受け取ります。


モバイルWi-Fiって、いつもこういうおじさん臭いポーチに入ってるよね。


中身は海外用電源プラグと充電用ケーブルとモバイルWi-Fi本体です。


で、ここからが本題なのですが、ポーチには他にオプションの「中国ワンタイムVPN」の設定用紙が入ってました。なるほど! これをiPhoneの設定に入力すれば良いのね?


iPhoneの「設定」の「一般」を開くと、下の方に「VPN」の設定があります。


そしてここに「中国ワンタイムVPN」の設定用紙に書かれてある呪文を写し込みます。


後は中国でネットに繋ぐ時に「設定」の「Wi-Fi」でイモトのWi-Fiに繋ぎ(パスワード(数字)はモバイルWi-Fi本体に貼られています)、「VPN」をオンにするだけ! 簡単だな。チョロ過ぎる。


ほれ、この通り。普通に日本に居る時の様にインターネットが使えました。ポケモンは居なかったけどね。あ、フォロワー募集中です💕


あと、これ見て。ホテルの高速のWi-Fiに切り替えてもVPNをオンにして普通にインターネットが使えたのです。イモトのWi-FiとVPNは紐付けられてる訳ではないのね。自由に好きなWi-Fiに繋いでもVPNが使えました。VPNとは何かが、少しわかった気がしました。


ただVPNって奴は、ちょいちょい切断されるのな。世話が焼けますね。

と、こうして日本と同じ様な環境でインターネットが出来る様になったんだけど、それでは余りにもイージーモードで面白くないので、この旅では敢えて中国アプリを使うルールにしました。上海オープンワールドアドベンチャーゲームのオレルールですね。まぁ当初から、Googleに頼らずに中国を旅する方法を記事にしようと考えていたので。


中でも中国の食べログこと「大衆点評」と地図アプリ「百度地図」を良く使いました。最悪、VPNが無くてもこれらがあれば楽勝でしょう。長くなりそうなので、こちらはまた別の機会に紹介しましょうか。


帰りに成田空港でイモトのWi-Fiを返却しました。


この返却ボックスへ入れるだけ!


帰国後はiPhoneの「設定」→「一般」→「VPN」からイモトのVPNを削除して下さい。イモトのVPNの「i」を選択。


「VPNを削除」して下さい。

劇 終

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ