旅に行く前のテンションの低さったらないよね

ダメだ、全然旅脳にならない。

行き先と日程を決めて、だいたい出発の二ヶ月前に飛行機とホテルを押さえるんだけど。その前後はすんげー盛り上がってて、あれこれ行きたい場所を調べまくって旅欲が膨れ上がり、スケジュールとか立てまくるんだけど。出発の1週間前とかになると、もう萎えてるのな。今がそれです。

二ヶ月前に立てたスケジュールを見て、「え、これオレがやるの?」って。過去のブログの記事とか読み返して、オレよく一人であんな所行ったなとか思える位、全てが面倒臭くなってる。行ったら行ったで、テンションが復活するのは分かってるんだけど。この行く前の億劫な感じって何なんだろうな。

これに似た感覚って旅以外でもあって、夏に海に行ってシュノーケリングやった直後ってスキューバダイビングのライセンスを取る気満々でスクール選びとかし出すんだけど。すこし時間が空くと萎える。サメが怖いとか冬は海が冷たいとか色んな理由を出してきて、今全くダイビングに興味が持てない状態。

旅欲をもかき消す程の日常って恐ろしいな。日常には魔物が住んでるわ。これに打ち勝つ方法は一つしかなくて、当日目覚まし通りに起きて、出発する事。まだ荷造りしてないとかは、そんなに脅威じゃないんだよな。最悪、パスポートとクレカとiPhoneがあれば何とかなるから。

という前提がありつつ、当日の空港に向かう時のテンションの跳ね上がり方半端ないよね! あまり寝てないから電車で寝ようとか思っても、目が冴え冴えでめっちゃ元気になってるし。この突然テンションMAXになるのも旅の醍醐味だよな。もちろん浮かれて死なないように注意はするけど。この瞬間生き返った感じがするのよね。

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ