韓国旅行🇰🇷 新感染 ファイナル・エクスプレス KTXでソウルから釜山への行き方 妄想編


ソウルから韓国高速鉄道(以下KTX)で釜山に行く方法を妄想します。

映画「TRAIN TO BUSAN」(原題:「부산행」邦題:「新感染 ファイナル・エクスプレス」)(以下映画) を参考資料にしました。映画ではソウル駅からKTX 101号に乗って釜山駅へ向かいますので、同じくそれに乗ると想定しましょう。


こんな感じの楽しい列車です。


早朝の5:15発のKTX 101は、何事もなければ7:51に釜山駅に着きます。そんなに早く釜山に着いても、まだホテルにチェックインできないけどね。

ではチケットを押さえましょうか。韓国鉄道公社のホームページ(www.letskorail.com)から「日本語」で予約できますね。ただ、予約できるのは一ヶ月から30分前までのチケットまでみたい。

KTXにはファーストクラス(特等室)とエコノミークラス(一般室)と自由席が有るようです。ファーストクラスは大人83700W(約8328円)、エコノミークラスは59800(約5950円)、自由席が56800W(5651円)となってます。

特等室では、差別化された高品格のサービスをご利用頂けます。
(KTX 2~5号車、KTX山川3号車、セマウル高速KTX 2、9号車)。

特徴
広々とした安楽な空間
一人旅を楽しむ旅行客のための1人席(KTXに限り該当)
清潔感と高級感溢れるインテリア

特別サービス
乗務員が必要サービスを提供
飲料、新聞、イヤホーン、ウェットティッシュ無料提供

特等室サービスを読んだ感じだと、一人席って一人旅には快適そうだなぁ。長旅だしね。あと乗務員さんのサービスは良いかも。映画にも出てきた制服着たお姉さんでしょ?

さて、どうしよう。自由席はスルーするとして、ファーストクラスとエコノミークラス、どっちに乗ろうか悩むな。映画だと主人公父娘はファーストクラスだったので、成り切るならそっちかなぁ。

KTXの2~5号車がファーストクラスなのな。シートが4列で青いのがエコノミークラスで、3列でグレーなのがファーストクラス。映画を観る時に、どの登場人物がどっちに乗っていたかを観察するとより楽しめるんじゃないかな?

あと念のために野球バットは持って行った方が良さそうですね。おやつは、ゆで卵かなぁ。

それでは整いました。ソウルから釜山へは映画の主人公通り、「KTXのファーストクラスに乗る」に決定!

追記。実際に乗ってみました「韓国旅行🇰🇷 新感染 ファイナル・エクスプレス KTXでソウルから釜山に行く方法 実践編」。

「旅の行き方」関連コンテンツ