iPhoneの簡単なソーシャルデトックスの方法

どうも、最近SNSに時間を取られ過ぎてる様な気がして、ソーシャルデトックスしたいと思ってるオレです。

例えば、時計を見ようとiPhoneを出しただけなのに、いつの間にかTwitterを立ち上げてしまい何十分も過ぎてる時ってないですか?

もうTwitterアプリを削除すればいいんだけど、そこまではやりたくない。Twitterをやりたくない時は隠して、やりたい時だけやりたいのよな。

そう思って物理的にTwitterアイコンをホームページから一番遠い後ろのページに移動させたんだけど。。。iPhoneのホームページで上から下にスライドさせるとSiriの検索候補が出る事に気付き、そこにTwitterアイコンが出るものだから余計多用してしまう事に。

何か一時的にSNSアプリを使えなくする方法無いかなと思ったら、閃いた。ペアレンタルコントロールすればいいんじゃね?


iPhoneの「設定」の「一般」の「機能制限」をオンに。パスワードを設定して、


「Appを許可しない」にチェックを入れると、TwitterLINEFacebookも諸々表示されなくなり、基本的なアプリしか使えない買ったばかりのiPhoneみたいになります。

よし、オレが求めてたのはこれや!

が、これによってもの凄い弊害があった事を報告します。

なんと! Twitterやろうと機能制限を解除したら、今まで使いやすい様に整理してページ毎にテーマを決めて並べていたアイコンが、全部バラッバラにとっ散らかった状態になったよ。

最悪すぎる。

もうヤダ😖

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ