東京之旅 新宿 ささもと

ささもとは海外からの観光客で賑わう思い出横丁にあります。


このへん。


ちょうどウッチャンの向かいあたり? 看板とか特に無し。まぁ、いつも混んでるから、座れたらラッキー的な感じでお願いします。


とりあえずビールで! 大瓶ね。

次に注文を聞かれるから、焼きの本数で答えて。例えば適当に「焼き五本で!」とか、とりあえず「赤身を二本」とか。

オレは適当に「五本で」と伝えました。


一本目。


二本目。


焼きは目の前の味噌煮込み鍋で煮た串を焼くので、美味いに決まってるやつ。


三本目。


四本目。


五本目、割り箸とかないからさ、串でネギを食べてね。


鍋がグツグツ、オレを誘ってくる。さて、次は何にしようか?


ビールの次は、焼酎だよね。一応梅割りなんだけど、梅の原液は少し注がれるだけ。色味は変わりません。


あと、焼きの次は鍋の中の煮込みを、四本頼みました。ここの注文はジャンルと本数を注文してね。例えば、生○○本とか、焼き○○本とか、煮込み○○本とか。


ビクともしない鍋。


焼酎はお代わりでしょ。


焼きでも細分化すると、塩焼きと、醤油を垂らした醤油焼きと、味噌を付けた味噌焼きがあるのな。


で、味噌焼きを二本注文したわ。


食べた本数でお会計するから、コップに立てといて。


焼酎飲むよね。


味噌焼きは味が濃厚で美味いよね。


常連のおじいちゃん曰く「上(2階)で解体してるから新鮮そのもの。生が美味い。吉田さんはミュージシャン。北海道の人、旭川らしい。味噌は信州の松亀味噌」らしい。オレの調査能力、笑うよね。


〆に近づいてくると、キャベツ食べるよね。煮るのに時間かかるから、早めに注文して。


さて、満足したら、


お会計の前にスープをもらって。柚子胡椒風味の味噌鍋のスープを。

〆て4400円。ホルモン焼き屋で、腹一杯食べる値段にしては高いけど、それだけ美味いという事で、よろ!

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ