上海旅行🇨🇳 EP15 三瑪璐酒樓の紅焼肉


前回のランチを食べた後は、取り置きしてもらってるTシャツを買いに再び豫園まで歩いて行ったんだけど、豫園についてはもう前に書いたので今回は端折りますね。


さて、夜ご飯は昨日一昨日と人が多すぎて入れなかった三瑪璐酒樓に再度トライ。上海に来て、まだ紅焼肉を食べてないので。


閉店間際だけどとりあえず入ってみたら、テーブル席に案内された! ラッキー!


場所はこの辺。


メニューを見て緑の野菜と、紅い焼肉と白い小籠包をノンアルコールで注文しました。


酒香草頭、28元(約458円)。しまった。めっちゃ量が多い。一人で食い切らん。


出た! 外婆紅焼肉、58元(約949円)。


簡単に言うと豚の角煮ですね。確かに紅い。


これはかなり美味し。よく中華街の角煮マンに入ってるやつ。しかし味付けが濃厚で、三切れくらいで十分だわ。お酒があればいけたかなぁ。


上海灌湯小籠、18元(約294円)。


ホッとする味。しかし時すでに満腹。どうしよう。小籠包は涙目で完食したけど、野菜と紅焼肉は残してしまった。一人旅の時は二品な法則を破ってしまったから。。。


店じまいが始まったので、帰りますか。


水槽には上海蟹が。蟹が食べられる人になりたい。


ごちそうさまでした。


振り返ると、上海タワーが。


ふと上海タワーを観に外灘まで行きそうになったけど、もうヘトヘトなので寝る。


おやすみなさい。

エピソード16につづく

ナーガ・シンハー、縮めてなかしん。東京在住。旅ブロガー。二児の父。アジアの都市とリゾートと映画館とHuluとNetflixと大江戸温泉物語とスタバとポケモンとその周辺。好きな食べ物は阪神のイカ焼き。好きなポケモンはサメハダー。好きなアベンジャーズはハルク。ブログ書くまでが旅。

「旅の行き方」関連コンテンツ