【上野】ビリヤニのハリマ・ケバブ・ビリヤニ


プロローグ

インドから帰ってからというもの、ヒゲを伸ばし始め、ビリヤニばかり食べてます。毎日ビリヤニの事ばかり考えています。

ついに日本ビリヤニ協会さんのビリヤニTシャツ国際版まで買ってしまいました!


ビリヤニが食べられている地域の5言語で『ビリヤニください」と書かれています。

上からウルドゥー語(パキスタン)、ベンガル語(インド西部、バングラデシュ)、英語(全域)、ヒンディー語(インド)、タミル語(南インド、スリランカ)ですね。

ハリマ・ケバブ・ビリヤニ


ビリヤニTシャツを着て上野でポケモンGOをプレイしてる時に、ふとビリヤニが食べたくなってきました。

Google先生に「上野でビリヤニが食べられるお店の場所」を聞いてみたところ、仏具街にあるみたいなので行ってみる事に。


ハリマ・ケバブ・ビリヤニさんです。名前にビリヤニが入ってるから、間違いないですね。餅は餅屋ですから。


ハリマ・ケバブ・ビリヤニさんの場所はこの辺。


ビリヤニランチがあるじゃないですか。これに決まりだな!


お席に案内されました。


ランチのビリヤニは3種類から選べる様です。

  1. ホクホクチキンビリヤニ
  2. 柔らかラムビリヤニ
  3. 季節の野菜ビリヤニ

ラムと迷ったけど、チキンにしました。次回はラムにします宣言。

チキンビリヤニで注文したら、ドリンクを聞かれました。ドリンクの事は一ミリも考えてなかったのですが、インド帰りのオレは反射的にホットチャイを注文していました。


サラダとスープが登場。


スープもかなり上級者向けの複雑なスパイスの味がします。オレの語彙力では表現できません。


うおー! 豪快にチキンビリヤニ爆誕!

お店のメニューには

ほのかに香るバスマティ米を使っています。カレーソースと米とを何層にも重ね、途中かき混ぜることなく弱火でじっくり調理します。

と説明書きがありました。


ヨーグルト。これはビリヤニにミックスして味変させるツールですね。


M-1ってネタの手数が多くてスピード感のある漫才がウケるじゃないですか。それと同じ様にこのビリヤニも味の手数の多さとスピード感が凄いです。

美味い。色んなスパイスの味がしては胃袋へと消えていきます。あと辛さも感じます。おそらくこのスピード感は辛さから来るものと思われます。

オレって中本の激辛ラーメンが食べられる人ですが、それでも辛く感じる層がありました。ヨーグルトでマイルドにしたり、調整しながら色んな味を楽しみました。


チキン美味い! デカイのがゴロッと入ってます。

ヨーグルトで味変もするしチキンもかじるし、味のバラエティ感がすごくて最後まで飽きる事なく完食。純粋な感想は「楽しかった」でした。こんな楽しい料理はまた食べたい。


食後のチャイ。砂糖は入れません。


落ち着きます。目を閉じれば、ゴアのジャーマンベーカリーを思い出します。


ごちそうさまでした。〆て1051円(約686ルピー)でした。必ずまた来ます。

error: Content is protected !!