東京之旅 TACO BELL 涉谷道玄坂店

スポンサーリンク

この記事は「涉谷」って使いたいだけの記事なんだけど、まぁ付き合ってよ。

渋谷の「渋」って漢字の旧字体は、日本では「澁」だよね。 なんだけど繁体字圏で「渋谷」の表記は「澀谷」だったり「涉谷」だったりする。違いがわからないので、香港人のお友達に聞いてみた。

中国語には「渋」って文字がないために、音が近い「涉」(sip)を使っているという。へー、音なんだ! 形が「渋」と「涉」が似てるからだと思ってたのに。ちなみにこの「涉」とワタルの「渉」はよく見ると違う漢字だから注意。

そして香港では「涉谷」の方が多いと思うって。確かに話し言葉である広東語にとって、音が近い方がバリューだわ。そして、確かにオレの永遠のアイドルTwinsちゃんも「涉谷車站見」って歌ってたよね。

ただ「渋」の渋いという意味的には、中国語には「苦澀」という語彙があることから、「澀谷」の翻訳もあるって。


そしてiPhoneの繁体字入力で、「涉」だと候補に「谷」は出ないが、「澀」だと「谷」が出ることから、iPhoneちゃん的には「澀谷」が正しいんだな。非常に面白い!

さてTACO BELLの話に進みましょうか?

スポンサーリンク


涉谷車站から徒歩6分。


ここ開店当時は、行列凄かったよね。。。


どれにしようか悩む事なく、タコス🌮🌮一択ですね。


電子マネー各種使えますので、ここでもANAのマイレージを貯めることが出来ます!


ドリンクバーかコーヒーを選べるけど、コーヒー一択ですね。


ちなみにドリンクバーのメニューはこんな感じ。飲みたいものがないな。烏龍茶くらいかな。


いつも頼むのはこれ! ハードタイプのポークとビーフをホットで注文してます。それがオレの定番です。


ハードタイプのタコスって、めちゃめちゃ食べにくい食べ物だよね。噛むとパリッと割れて、中身がポロポロ落ちるし、手がベトベトになるし、こんなの綺麗に食べられた試しがないわ。めちゃ美味いけど。

スポンサーリンク

カウンター席はコンセントがあるので仕事ができますね。でもさ、手がベタベタになる食べ物を食べながら、ノートパソコンとか触りたくないよね。そういう時はブリトー🌯じゃない?

もちろん、Wi-Fiも完備です。

TACO BELLのWi-Fiの繋げ方


まずiPhoneのWi-Fi設定から、TB_Wi-fiを選択します。


それからブラウザを立ち上げると、オレの大嫌いなフェイスブックが立ち上がるので、「チェックインをスキップ」を選択してください! Wi-Fiに繋がります。


充電出来てWi-Fiも使えて、おまけにタコスとコーヒーまで付いてきて、〆て853円。

セルフサービスなのでゴミはゴミ箱へ。

ちなみにTACO BELLは生ビールもあるので、夜でも使えますね!

関連コンテンツ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ